カナダ年金

1.日本との社会保障協定 平成20年3月( 2008年3月)発効
日本との社会保障協定により、社会保険料の掛け捨ての問題が解決し、保障協定発効月以前にカナダで社会保険料の支払いが有った人は日本の年金加入期間との通算ができ受給資格が発生する事になりました。
2.年金の種類 カナダの年金は日本と同様に2階建て(企業年金、個人年金を除いて)の制度になっています。
(1階部分)老齢所得保障年金OAS【Old Age Security Pension】、税財源方式
 加入期間に対して定額の支給となります。ただし、一定額以上の収入の有る人には払い戻しの義務があります。(詳細は下部を参照願います)
(2階部分)カナダ年金制度 CPP【Canada Pension Plan】、報酬比例方式

なお、ケベック州ではCPPに代わってケベック年金制度QPPが制度化されています。
3.社会保険料率 (OAS)税財源方式
(CPP)
被用者:4.95%
雇用者:4.95%
自営業者:9.9%
4.社会保険加入期間 (OAS)カナダ在住者の場合:10年以上、カナダ国外在住者の場合:20年以上
日本からの駐在者の場合、社会保障協定により日本での加入期間との通算が可能。
受給資格には、カナダ国籍あるいは外国人の場合、出国時に合法居住者で有った事(永住ビザ保持者)が条件となります。
(CPP) 最低1年
受給資格者には、カナダ就労ビザでの海外勤務者が含まれます。
5.受給年齢 (OAS) 65歳 今後2023年~2029年の間に67歳まで繰り下げられます。
(CPP)65歳
6. 支給の時効  受給年齢に達した後に申請した場合、支給の遡及期間はOASで最大11か月、CPPで最大12か月となります。
7.繰上げ受給 (CPP)60歳からの繰り上げ受給が可能です。(月ごとに0.54%の減額)
8.繰り下げ受給 (CPP)65歳から70歳まで60か月の繰り下げ受給が可能で、月ごとに0.7%増額されます。
9.受給金額 (OAS)40年間の満額受給金額はC$550.99 カナダ在留年数に0.025
を掛けた比率で受給金額が決定されます。
高所得による減額条件があります。(詳細は下部を参照願います)
(CPP)満額受給で雇用時(一定条件の期間を除く)の25%の金額とな
ります。65歳時の最高月額はC$1012.5 となります。
10.カナダ年金の支給形態と時期 【OAS、CPPについて】
カナダ年金の支給はカナダドルの小切手での支給となり、通常の手続きでは、支払月の月末3営業日内での発行となります。
なお、小切手を円貨に換金する際の銀行手数料(4500円程度)を節約するため、年1回(12月)、年2回(6月と12月)または年4回(3月、6月、9月と12月)にまとめて支給を受けることが可能です。カナダ年金小切手の受給頻度変更手続きにつきましては、ご依頼・お問い合わせのページからご連絡ください。

なお、もし申請者が米国、カナダ、メキシコ、ブラジル。英国、フランス、ドイツ、シンガポール、香港、マレーシア、その他の国に銀行口座をお持ちでそちらの口座で支給を受ける場合は銀行振り込みが可能となります。
銀行口座変更手続きにつきましては、ご依頼・お問い合わせのページからご連絡ください。

【QPPについて】
ケベック州の老齢年金であるQPPについては、銀行振り込みでの受給が可能となっております。これまでの小切手で受給されておられる方は、振込みへの変更をお勧めします。また、その際は海外送金時の入金手数料にご注意ください。海外送金の入金手数料を無料にしている銀行もございますので、ご利用をお勧めいたします。
銀行振り込みへの変更手続きについては。お問い合わせのページからご連絡ください。
11.日本の年金への影響 カナダから年金を受給した場合でも日本で受給する年金には影響は有りません。
12.受給申請手続き お客様ご自身で申請される場合は、申請書類を年金事務所で入手の上、カナダでの社会保険番号を含めて、ご自身の情報およびご勤務時の情報をご記入になり、必要な追加書類を添付の上、年金事務所へご提出いただく手続きとなります。

申請書類提出の後、本国から受給資格についての確認・追加資料の提出指示が有りますので、その指示に従って資格審査を受けることになります。

ご注意と審査の状況について(2015年7月現在):
カナダ年金申請手続きでは、確実な資格審査用資料の添付をお願いします。添付資料には認証手続きが必要な書類もございます。添付資料に不備が有る場合は、審査が行われずそのまま後回しにされる状況と現地Service CanadaのOperation Centre から情報を得ており、また2015年7月現在、資格審査通知には20週間程度かかっているとの情報も得ております。


私共にご依頼いただく場合は、弊所のフォームにしたがってお客様のパーソナルデータをご記入いただき、その情報をベースに、弊所にて海外年金受給申請書類を作成いたします。
全ての書類が準備できた段階で、お客様に内容の確認・ご署名をいただき、その受給申請書類を弊所が代行して年金事務所に提出いたします。必要書類の翻訳手配についても私共の方で手配いたします。
また、本国からの資格審査につきましても、弊所にてお客様との打合せの上で対応させていただきます。
(ご注意:申請代行サービスはお客様からの委任状をいただいた上で実施いたします。)
13. 生存証明   カナダ年金局では年金受給者の生存証明を行う指示を行っております。ご本人が生存証明にサインを行い、それを公的に認められた機関あるいは組織で認証する事が必要となります。
私共では、社会保険労務士としての資格で認証するサービスを行っておりますので、ご希望の方は、お問い合わせページからご連絡をお願いいたします。
14.現地担当機関 日本国内にはカナダ年金についての照会先は設けられていません。

カナダ歳入庁 
Canada Revenue Agency  (http://www.cra-arc.gc.ca)
人的資源・社会開発省 
Human Resources and Skill Development Canada
( http://www.hrsdc.gc.ca )
15.海外年金の所得税について (1)カナダでの源泉徴収率 最大25%
   日本とカナダの間には租税条約が締結されていますが、年金については除外されており、租税条約での還付は出来ないと理解しています。
(2)確定申告時の公的年金への対応
にて対応してください。
 詳細については、最寄りの税務署にご相談ください。
 16.カナダ年金の確定申告について  カナダ年金を受給している場合、毎年カナダから確定申告の書類が届きます。
この確定申告を怠りますと、OAS年金の支給が停止されますので、ご注意をお願いします。毎年、カナダへも必ず確定申告書類の提出をお願いいたします。
 ご注意

平成26年の税制改正により、平成27年分の確定申告から対応が変わりますのでご注意ください。
平成26年分の確定申告までは、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には確定申告の必要はありませんでしたが、平成27年分よりは、海外年金の収入が有る場合は確定申告が必要と変わっております。
(詳細は、国税庁タックスアンサー1600をご覧ください。本ホームページ「公的年金の課税について」にも記載しております。)
関連情報 「カナダ年金のクロールバック(払戻し)の仕組み」
 カナダの年金は、税財源方式の老齢保障年金(OAS)と社会保険方式(報酬比例)のカナダ年金制度(CPP)がありその上にそれ以外の私的所得の有る構造になっています。
その内、カナダの老齢保障年金(OAS)は、全額税財源により支給される年金制度であるが、受給者のうち、OAS以外の所得額が一定額(月額5,913カナダドル(約55.6万円))を超える場合は、所得額のうち当該一定額を超える部分の額の15%に相当する額を税として国に払い戻す(実際には、翌年7月から翌々年6月のOASの給付から控除する)制度があり、クロ-バックと呼ばれています。



OASの払戻し(クローバック) ・・・カナダ老齢保障年金(OAS)の受給者であって、OAS以外の所得額が一定額(月額5,913カナダドル(約55.6万円))を超える場合は、当該所得額のうち一定額を超える部分の額の15%に相当する額を税として国に払い戻す仕組みになっています。


出典:日本年金機構 社会保障審議会資料




社会保険労務士事務所 プラムアンドアップルでは、社会保険労務士として海外年金受給申請手続きを代行する事が出来ます。是非、お問い合わせください。

お問い合わせ

年金情報の出典
・日本年金機構
・社会保障協定国 各国年金機構

日加社会保障協定の議定書全文については、こちらで