海外年金 送金時の中継銀行の変更について (SMBC信託銀行の新システム移行に関するサービス変更に関して)

海外年金の受け取り銀行口座としてSMBC信託銀行を使用されている方に、SMBC信託銀行からレターまたはメールが届いていると思います。

内容としては、2018年7月17日(火)以降、海外から資金を受け取る場合に使用している中継銀行をこれまでのCITIBANKから SUMITOMO MITSU BANKING CORPORATIONに変更するようにとの指示となっており、変更がない場合には資金到着の遅延もしくは送金の返却が行われる場合があるとの連絡となっております。

海外主要国(特に欧州)の年金局は、現地CITIBANKへ送金業務の委託を行っている国が多く、定期的に非常に多くの送金業務を取り扱っており、中継銀行はCITIBANKが指定している状況(意味合いとしてはCITIBANKを中継銀行としている)となっていると理解します。その状況で今回の日本の一部の受給者からの中継銀行変更依頼への対応は非常に困難と理解しております。

7月17日までまだ少し期間が有りますので、私共としては、その間に中継銀行の変更について可能かどうかを各国年金局に確認し、結果が分かりましたら順次ホームページでご案内させていただきます。